社員インタビュー

Natsumi

プロジェクトマネージャー 

2014年入社

インターンでの雰囲気の良さ、それがCygamesに決めた理由


「社員同士のコミュニケーションが活発で、ここなら楽しく働けそう。」インターンシップに参加し、そこで働く自分をイメージできたことが入社の決め手になりました。もともと手を動かして何かを作るのが好きで、漠然とクリエイティブな職種に就きたいなとは思っていたんです。そのなかでゲーム業界に絞ったのは、他の業界に比べて遊び心 があって楽しそうだったから。そんななか Cygamesのインターンシップに参加したのは、今思えば幸運でした。もの作りの仕事をするにあた って、働く環境って大切。その点、Cygamesは非常に風通しがよく働きやすい環境です。 社長はじめ役員が「スタッフの幸せ」を常に考えてくれていると感じますし、一人ひとりの仕事はもちろん、プライベートも大事にしてくれる 風土がある。もの作りに専念できる環境が、ここにはあります。

プロジェクトマネージャーの使命と役割


プロジェクトマネージャーの役割は、よいゲームを作るという目的に向かってよいチームを作ること。各セクションの連携がうまくいくように手配したり、スタッフが働きやすいよう環境を整えたりしながら、プロジェクトの決定を行うプロデューサーやディレクターと現場をつなげていく仕事です。プロジェクトがスタートしチームを形成する段階では、人と話をして1日が終わることもあります。大変なことも多いですが、うまくチームとして機能し始めたときは達成感 を感じます。一つのプロジェクトをやり遂げるためには、社内外問わず多くの人の協力が必要です。さまざまな職種やバックグラウンドを持つ人たちと接点を持てるのは、プロジェクトマネージャーの特権。異なる考え方や信念に触れることで多くの刺激をもらっています。

手を動かしサポートもするユーティリティープレイヤーへ


入社以来、ずっとプロジェクトマネージャーという立場で仕事をさせてもらっていますが、まだまだ一人ひとりの適性やモチベーションに合わせてベストなチームを作れているという実感は少ないです 。だから、もっと意識的に雑談の機会をうまく作るなど、メンバーと向き合う時間を持ちたいと考えています。プロジェクトマネージャーとしての経験を積んだ後は、もっと自分の手を動かす立場で、まわりのサポートもできるようなプレーヤーとして会社を支えたいです。もともと何かを作ることが好きなので、いずれは開発にかかわる実務など、より現場に近い業務にも 携わりたいです。 だから今は効率よく仕事を終わらせて時間を確保し、家で必要な勉強をするようにしています。新たなチャレンジをするためにも、まずはプロジェクトマネージャーとしての仕事を全うしたいと思います。