Cygames採用

Entry

Cygames採用

プランナー
総合職対談
Planner Cross Talk
Daichi

2018年入社
理系大学院で、VRなどの情報工学を学ぶ。メーカーとともにゲーム会社も就職先として検討し、「やっぱりゲームが好きだ」という考えでCygamesへ入社。入社以来、人気RPGタイトルに携わり、クオリティアップに努める。

Yui

大手ゲーム会社から中途入社
前職ではPCのオンラインタイトルや新規アプリ開発を経験。新しいことに挑戦したいと、Cygamesへ転職。コンシューマー部門に配属となり、ゲームフローからシステムUIの設計など広く手がける。

Kazumasa

2015年入社
大学院まで進み心理学を研究。博士課程へ進むかどうか考えていたところ、幼い頃から好きだったゲームの世界に携わりたいという想いが強くなり、Cygamesへ入社。現在は人気タイトルの新規キャラクター開発などを担当。

Q01
Cygamesへの入社のきっかけを教えてください。

Kazumasa
最初のきっかけはインターンシップでした。その後、アルバイトとして働きはじめ、学生でしたがUI設計や仕様の検討など、幅広くチャレンジさせてもらえました。会社として新しい分野に挑戦する風土もあり、ここなら面白いことができそう!と強く感じたので新卒採用の選考を受けましたね。
Daichi
私は理系出身なのですが、趣味でイラスト制作などもしていて、色々な興味を幅広く活かせる会社を探していました。そんなときCygamesのプランナーの仕事を知って、選考を受けてみると「当社のプランナーはすべての分野に関与できる仕事だよ」と教えていただき、自分に合っていると感じました。
Yui
お二人ともCygamesの社風をしっかり捉えて入社しているのですね!私は知人から「新しいことにチャレンジしたいなら絶対にCygamesがいい!」と強く勧められて選考を受けたのがきっかけです。聞いていたとおり、ゲームづくりに対するこだわりが強い方ばかりで、良い環境です。
Q02
それぞれ、今携わっているお仕事について教えてください。

Kazumasa
最近スマホ向けタイトルのキャラクター開発などを手がけています。タイトルでいうと、これまで2つ経験してきました。
Yui
私はコンシューマータイトルの仕様作成などです。
Daichi
入社以来、スマホ向けRPGタイトルに携わっています。kazumasaさんと違うタイトルです。メインコンテンツの仕様作成やクオリティアップなどに携わっています。
Kazumasa
こうして改めて話をするとCygamesって色々なタイトルがあって、プランナーといってもタイトルごとに業務内容が結構異なりますよね。
Daichi
ですね。共通点を挙げるとしたら、どのタイトルでも新しい施策を行うことに積極的だということでしょうか。復刻イベントだったとしても驚かせる要素を入れ込んだりと、とにかくユーザーの皆さんに楽しんでいただけることを意識していますね。
Yui
コンシューマーも同じですね。「こんな仕組みはこれまでなかったよね」と、ゲームをより面白くするための方法を日々みんなで考えています。
Q03
みなさん、担当タイトルが違うのに
すごく仲が良いですね。

Yui
担当タイトルが違っても、みんな「ゲーム好き」だからだと思います。昼休みは趣味の合うスタッフ同士で集まってゲームをしている光景が毎日見られます。特に、自社タイトルをすごく遊んでいるのが印象的です。
Daichi
たしかに。自分が作っているゲームが一番面白いと思っているからやり込んでいます(笑)
一同:(笑)
Kazumasa
そうですね。自分たちが面白いゲームだと思ってお届けすることが大事ですよね。そのためにも自身がしっかりとプレイして改善点などを見つけたりします。
Daichi
あと、インプットとしては自社以外のゲームもよくプレイしていますね。私はよくブラウザゲームをやっています。
Kazumasa
私はリズムゲームが好きで、休日は大体ゲームセンターに入り浸ってます。会社から最寄りのゲームセンターにはよく行きますね(笑)
Q04
最後にこの仕事の魅力を教えてください。

Kazumasa
ユーザーの方の反応をすぐに確認できることですね。私が今携わっているタイトルでも新しいキャラをリリースすると、すぐにユーザーからの反応を確認できます。新しいキャラを考えることは、ときに難しさもありますが、それがやりがいです。
Daichi
私も、ユーザーの方々と作り上げていく感覚に魅力を感じています。ユーザーの方の反応を見ながら、改善すべき点があれば対策し、より良いコンテンツを作っていく。そうしたサイクルが作り手としての魅力ですね。
Yui
ゲームを面白くするための最適解をみんなで考えるのはとても楽しいです。ゲームが生まれてから数十年たっているので、大体のアイディアはすでにゲームに落とし込まれていますが、そのなかでも「もっと面白くするためにはどうしたら?」と試行錯誤する過程にはとてもやりがいを感じます。

Interviews 社員インタビュー

01
サーバーサイド
READ MORE
02
プランナー
READ MORE
03
デザイナー
READ MORE
04
サウンド
READ MORE
06
クライアントサイド
READ MORE
07
アニメーションデザイナー
READ MORE
08
クライアントサイド
READ MORE
09
シナリオライター
READ MORE
10
イラストレーター
READ MORE
11
大阪Cygames
READ MORE
12
プランナー
READ MORE
13
エンジニア
READ MORE
ENTRY