Cygames採用

Entry

Cygames採用

チームが100%の
パフォーマンスを発揮できるように。
Interview
Riku

2014 年入社
よく遊んでいたゲームタイトルの制作者のインタビュー記事を読み、ゲーム業界を志望。Cygamesへ入社後は複数のスマホ向けタイトルに関わり、現在はメジャータイトルのストーリーイベントのプランナーとして活躍中。

01
Cygamesとの出会い、入社のきっかけ

ユーザーが求めるゲームを作る
その姿勢に心を打たれた。

実は、就職活動時に受けた会社の多くはコンシューマーのゲームメーカーでした。スマホ向けゲームも好きでしたが、当時はまだスマホ向けゲームに対し、疑問視する意見も多く、Cygamesを受けたのも興味本位からだったんです。ただ、面接を重ねるに連れ、心は大きく変わっていきました。「今Cygamesがスマホのゲームを作っているのは、それだけ多くの人がスマホでゲームを楽しみ、それを求めているから」「他にも多くの人が楽しめるフィールドがあれば、もちろん挑戦していく」この言葉で、ユーザーを楽しませることを本気で考える会社だと確信しました。これが入社の決め手でしたね。

02
未経験からの挑戦

プランナーとしての基礎から学び、
ユーザーに喜ばれる企画を形にできるように。

大学で学んできたのは経済学。プランナーとしての下地はゲームをたくさんプレイしてきたことだけでしたね。個人的なゲーム制作の経験もなく、いちユーザーとしての経験しか持ち合わせていませんでした。それでも入社から現在に至るまでプランナーとして仕事を担当できているのは経験豊富な先輩たちが成長を後押ししてくれるメンタートレーナー制度があり、ゲーム制作の基礎からしっかりと学ぶことができたからだと思ってます。2年目の終わり頃には、新しいクエストの仕掛けを自分から提案。社内確認でも認められ、自分の企画を初めて形にすることができました。実装しリリースされた後、ネット上でユーザーの方々からの好反応を見たとき、改めてゲーム作りの面白さを実感しました。

03
Cygamesのカルチャー

失敗を恐れてはいけない。
挑戦する勇気が何より大切。

今日に至るまで順調だったというわけではありません。一時期、失敗が続いてしまった時期がありました。その時、先輩にかけてもらった言葉が今でも心に残っています。「失敗はチームのメンバーがフォローできる。でも、面白いものを作り出すことは簡単に真似できることじゃない。色々と挑戦をすればミスが出ることもある。失敗を恐れることはない。とにかく面白いものを作ることに挑戦しよう」。もちろん失敗はない方がいい。でも、この言葉で失敗を恐れずに挑戦する勇気をもらえました。

04
「最高のコンテンツ」を作るために

プランナーという仕事。

プランナーはすべての部署と関わる仕事なので、私は相手にとって「仕事がしやすいプランナー」であることをモットーにしています。例えば、デザイナーへの発注書では見やすさや説明の分かりやすさを意識していたり、日々のコミュニケーションの面ではデザイナーやエンジニアをはじめ周囲の意見をできる限り汲み取れるように心がけています。仕事を依頼する相手が100%のパフォーマンスを発揮できるようにすることもプランナーの仕事であり、その結果が「最高のコンテンツ」に繋がると思っているからです。

1日のスケジュール例


  • 10:00 出社

    1日のスケジュールを確認します。

  • 10:15 朝会

    イベントチーム内で、情報共有や、要相談事項の吸い上げなどを行います。

  • 11:00 確認

    進行中の新規案件について、前日の作業分が反映された最新のアプリをチェックします。

  • 12:00 相談

    チェックの所感を踏まえ、エンジニア、デザイナー等の各セクションとブラッシュアップについて相談をします。

  • 13:00 ランチ

    トレーニー(新卒社員の後輩)と外でランチをします。社内で同僚とゲームをしながらランチをする日もあります。

  • 14:00 相談

    新規イベントの内容について、ディレクターと相談します。

  • 15:00 仕様作成

    ディレクターとの相談を踏まえ、仕様書を作成します。

  • 17:00 バランス調整

    月末にリリースされるイベントのバトルバランスを調整します。

  • 18:00 チェックリスト作成

    調整したバランスについて、翌日デバッガーにチェックを依頼するためのリストを作成します。

  • 19:00 退社

Interviews 社員インタビュー

01
サーバーサイド
READ MORE
02
プランナー
READ MORE
03
デザイナー
READ MORE
04
サウンド
READ MORE
05
プランナー
READ MORE
06
クライアントサイド
READ MORE
07
アニメーションデザイナー
READ MORE
08
クライアントサイド
READ MORE
09
シナリオライター
READ MORE
10
イラストレーター
READ MORE
11
大阪Cygames
READ MORE
13
エンジニア
READ MORE
ENTRY