Cygames採用

Entry

Cygames採用

コンテンツ愛に溢れた
仲間とともに、
より良いゲームを追求。
Interview
Yukino

2017年入社
大学では日本文学を専攻。神話やファンタジーの世界観・背景を学び、その知識を活かしながらプランナーとして経験を積む。現在ではリアルイベント企画・運営などを担うメディアプランナーとして活躍中。

01
共感した点、惹かれた姿勢

ゲーム作りへの
真剣な姿勢に惹かれた

幼い頃から家族でテレビを囲んで家庭用ゲームを遊んでいたこともあって、ゲームはすごく身近な存在でした。就職活動ではゲーム業界を中心に考えていましたが、Cygamesに入社したい!と決意したのは、サマーインターンシップに参加したときのことです。ゲームの企画書を作成したのですが、それを「学生が作ったものだから」と軽んじることなく、厳しい評価もいただきつつ、真剣に見てくれたんです。その熱意にとても強く惹かれました。

02
ユーザーとの距離感や反応

仕事の醍醐味は
“ユーザーの反応”

入社後は、スクリプトの監修担当を経て、2年目からメジャータイトルのイベント企画・運用を行うプランナーを担当しました。自分がこだわって企画したイベントがリリースされた後、SNSなどでユーザーの好反応を見たときの達成感はものすごいですね。特に、コラボイベントをリリースした時は、「らしさのあるイベント!」というコメントや、「コラボをきっかけに新しくユーザーになった!」といったコメントを見ると、感動すら覚えます。

03
挑戦できる風土

チャレンジさせてくれる
環境に感謝

私がスクリプト監修からイベント企画などの担当に変わったのは、実は自ら手を挙げてのことです。当時、新しい仕事に挑戦して幅を広げたいと考えていて、思い切って上司に相談しました。上司からは「大変だけど経験になるよ。やってみようか」と、すぐに担当の変更を検討してくれました。ポジティブな意見・希望であれば真摯に向き合ってくれるのがCygamesの良いところ。今はさらに異動してメディアプランナーを担当しているので、この環境で積極的に経験を積んでいきたいです。

04
Cygames独自の社風

コンテンツ愛に溢れた仲間と、
これからもより良いものを作り続ける

Cygamesが掲げるビジョン「最高のコンテンツを作る会社」は、会社の至るところから感じています。社内でゲームを楽しむといったことはゲーム業界なら他社でもあるかもしれませんが、ここが違うと感じるのは、自分たちが作ったコンテンツへの愛。制作しているタイトルはもちろん、自社のタイトルなどの更新があると、仕事中でも、その話題で盛り上がります。もちろん他社ゲームタイトルで盛り上がることも日常ですが、自社コンテンツへの愛があるから「最高のコンテンツ」を作っていけるのだと感じています。

1日のスケジュール例


  • 10:00 出社

    メールと1日のスケジュールを確認します。

  • 10:10 朝会(朝礼)

    チーム内で当日リリースするものや進捗を共有します。

  • 11:00 発注書の作成

    イベントで使用するイラスト素材の発注書の作成を行います。

  • 13:00 ランチ

    自宅で作ったお弁当を食べることが多いです。その後はチームメンバーとボードゲームで遊びます。

  • 14:00 仕様書の作成

    チームメンバーと相談しながら、イベントの新規仕様の仕様書の作成を行います。

  • 15:00 MTG

    イベントの設計に関するMTGを行います。
    プロデューサーやプロジェクトマネージャーに向けてプレゼンを行います。

  • 16:00 メンター面談

    1年目の新卒の方のメンターを担当しているので、週1で面談を行います。

  • 16:30 進捗確認

    担当イベントのデザイナー、エンジニアの開発状況の確認を行います。

  • 18:00 実装確認

    実装されたイベントを実機で確認します。気になる箇所はエンジニアと相談しながら修正を重ねていきます。

  • 19:00 退社

Interviews 社員インタビュー

01
サーバーサイド
READ MORE
03
デザイナー
READ MORE
04
サウンド
READ MORE
05
プランナー
READ MORE
06
クライアントサイド
READ MORE
07
アニメーションデザイナー
READ MORE
08
クライアントサイド
READ MORE
09
シナリオライター
READ MORE
10
イラストレーター
READ MORE
11
大阪Cygames
READ MORE
12
プランナー
READ MORE
13
エンジニア
READ MORE
ENTRY