Cygames採用

Entry

Cygames採用

クライアントサイド
エンジニア対談
Engineer Cross Talk 02

「最高のコンテンツを作る会社」というビジョンを具現化するため、日々ゲーム開発に向き合っている技術部門。その中でもユーザーが直接見て、触れる、クライアント側の設計・開発を担っている2名に、Cygamesを選んだ理由や会社の雰囲気を語ってもらった。

Reo

2017年入社
大学時代はコンピュータグラフィックス関係、その中でもキャラクターコンテンツに関する研究へ従事。現在はスマートフォンゲームのホーム画面等のアウトゲーム全般の開発に従事。

Hiroaki

2018年入社
大学では経営学を専攻。同時に独学でUnityを学び、自作タイトルの配信や開発コンテストへ参加して優勝するほどに。現在は対戦型スマートフォンゲームのバトル画面全般やカードデータの実装全般を担当。

Q01
Cygamesに興味を持ったのはどんなポイントでしたか?

Reo
強く興味を惹かれたのは面接時のことです。もともとキャラクターコンテンツに興味があって、就職活動では複数のゲーム会社を見ていました。ただ、面接でゲーム会社では珍しいCygames Researchという基礎技術研究所を立ち上げている話などを聞いて「挑戦的な会社」「色々できそう」と感じて第1志望になりました。
Hiroaki
私は“最高のコンテンツを作る”に惹かれましたね。学生時代、趣味でゲームを作っていたのですが、プログラミングは独学でしたし、キャラクターやデザインに関しては素人だったので、妥協せざるを得ないこともあり…。泣く泣くそのままリリースしていたんです。そんな私に、Cygamesが掲げるビジョンはとても響きましたね。
Reo
学生時代にゲームのリリースまで経験していたんですね!
Hiroaki
いやあ、今はもう恥ずかしくて公開していないのですが(笑)。「挑戦」という意味では同じですね。最高のコンテンツへ細部までこだわるという挑戦ができそうでした。
Q02
お二人の現在の業務について教えてください。

Hiroaki
2人とも、スマホ向けゲームタイトルのクライアントサイド開発を担っていますが、タイトルが違います。私はすでにリリースされているメジャータイトルに携わっています。
Reo
自分はまだリリースされていないタイトルを担当しています。主にホーム画面等のアウトゲームの開発を担っています。
Hiroaki
同じクライアントサイドでも結構違いますね。タイトルもそうですし、タスクによってもかなり変わりますね。私はバトル部分を開発するチームで、対戦画面の実装全般を行なっていて、プランナーが決めたカードの能力に基づいて実装など、プランナーと関わることが多いです。
Reo
そういう意味では、私はUI担当なのでアートディレクターやUIデザイナーと関わることが多いかもしれないですね。現在所属しているタイトルの前は、メジャータイトルの運用を担当していました。その時は、さまざまな職種の人たちと関わっていましたね。同じ職種とはいえ、タイトルやタスクによってもそれぞれ異なる開発を担える、というのが自分たちの仕事の特徴かもしれないですね。
Q03
普段、他職種の人たちとは、どんな関係性ですか?

Hiroaki
一言で言えば、対等な立場でものを言い合える仲、ですね。もちろん、全体の設計をプランナーが行なって、それをもとに私たちが開発するのですが、「もっとこうしたほうが面白くなる」といった意見があればどんどん言えるし、受け入れてくれます。
Reo
そうそう!自分が携わっているタイトルでも同様ですね。例えば、言われたとおりに実装すると不備が生じることもあります。だから、しっかりとプランナーやデザイナーと話し合う。もしかすると話し合う時間のほうが多いくらいかもしれません(笑)。
Hiroaki
色々言い合えて、しっかりとコミュニケーションを取ることは、開発チーム内だけじゃないですね。以前、プロジェクトマネージャーに日常的に使っている社内システムの仕様について提案してみたことがありました。結果的には、1週間後に提案が反映されて実装されていましたね。
Reo
新卒社員も早い段階から、提案や意見を言える風土は、「メンタートレーナー制度」が後押ししているように感じますね。トレーナーやメンターへ気軽に相談できる姿勢が身に付くので、他職種のスタッフにもすぐに相談し合えます。
Q04
最後に、全社的な社風はいかがですか?

Reo
社内SNSで、他のプロジェクトを担当している人と交流を深めることがよくあります。開発中のプロジェクトもずっと同じメンバーではなく、スタッフの異動や合流があります。もともと仕事以外で交流したことのあるスタッフがプロジェクトに合流することもあるので、仕事が進めやすかったりしますね。
Hiroaki
クライアントサイドで言えば、全社横断的なミーティングがあります。そのミーティングでは各プロジェクトから1、2名ずつ経験豊富なエンジニアスタッフの紹介があって、若手にとっては目標となるようなロールモデルを見つけやすいと思います。
Reo
他にも、毎週のように、同じような機能を開発しているエンジニアたちが勉強会を開いていたりしますね。
Hiroaki
全社全体として情報の共有を徹底してますし、ミッションステートメントにあるように「チーム・サイゲームス」の意識は常に感じられる環境だと思います。
Epilogue
対談を終えて

それぞれが「最高のコンテンツ」を目指して仕事をしているチーム・サイゲームス。対談した2人からもエンジニアとして最高の仕事を心がけていることが、会話から伝わってきた。2人の今後の活躍に、大きな期待を感じる対談となった。

Interviews 社員インタビュー

01
サーバーサイド
READ MORE
02
プランナー
READ MORE
03
デザイナー
READ MORE
04
サウンド
READ MORE
05
プランナー
READ MORE
06
クライアントサイド
READ MORE
07
アニメーションデザイナー
READ MORE
09
シナリオライター
READ MORE
10
イラストレーター
READ MORE
11
大阪Cygames
READ MORE
12
プランナー
READ MORE
13
エンジニア
READ MORE
ENTRY