社員インタビュー

Yuki

サウンド

2018年入社

ゲーム音楽という道を見つけた


現在はサウンド職として仕事をしていますが、大学の専攻は音楽とはまったく関係のない社会学でした。ピアノを習ってい た経験があり 、独学で作曲などもしていましたが、音楽は言わば趣味で、仕事にできるとは思っていませんでした。 学生時代、 プランナーとしてCygamesのインターンシップに参加したのは、音楽と同じくらい好きだったゲームを仕事にしようと思ったからです 。その後、学生アルバイトとして「グランブルーファンタジー」の開発 にプランナーとして参加し、サウンドまわりのプランニングや発注をするなかで「効果音やBGM を自分で作りたい」という想いが強くなり、プランナーではなくサウンド職を希望しました。Cygamesに決めたのは、社員の皆さんが「最高のコンテンツを作る」ということに向かって真摯に仕事をされていることに感銘を受けたからです。

新鮮 な耳で聴く


現在は「プリンセスコネクト!Re:Dive」のBGM全般を担当しています。具体的には、サウンドプロデューサーの本田晃弘さんの監修のもと、新規BGMの作曲や外注管理、楽器収録、会話シーンのBGM設定などの担当です。BGMはプランナーからもらった発注書をもとに自ら作曲するか、外注で制作しています。 定期的に行う楽器収録では、演奏のディレクションやミックスの確認なども行います。作曲は楽しいですが 、単に自分の作りたいものを作るのではなく 、ゲームの内容に合うもの、ユーザーに喜んでもらえるもの を作るという点で、趣味との違いを痛感しています。仕事を進める上では、 本田さんから教わったことの一つ「新鮮 な耳で聴く」ということを心がけています。作曲の作業を続けていると何度も同じ箇所 を聴いて確認する ことになるため、コードやメロディの違和感に気付けなくなることがあります 。それではその曲を初めて聴いた ユーザーがどう感じるかという視点が抜け落ちてしまうため、一旦作業を止め、 時間を置いて確認するようにしています。

最高の環境でメインディレクターを目指す


ここには、作曲に専念できる環境があります。全社標準のバロンチェアをはじめ、オフィス設備が充実しているのはもちろん、サウンド制作用のソフトや機材も必要に応じて、  すぐに導入していただけるのは本当にありがたいです。そして何より、一緒に働く人たちが「最高のコンテンツを作る」という共通認識を持ち 、「そのためにどうするか」から考えることができるのは、作曲に限らずよいもの作りをするためには最高の環境ではないでしょうか。将来的には、新規タイトルのサウンドディレクターとして、BGMや効果音、ボイスなどあらゆるサウンドの責任を持てる人になりたいと考えています。そのためにも、現在は「プリンセスコネクト!Re:Dive」を通じてより良い音楽を届けられるよう全力を注ぎたいと思います。