社員インタビュー

Kosuke

プランナー

2016年入社

やっぱりゲームは好きな人が作るべき


家庭用ゲームに始まり、高校時代はゲームセンターに通いつめるほど昔から ゲームは好きでした。しかし、それを仕事にできるとは思っていなかったため、大学の途中までは何かプロダクトのメーカーに就職しようと考えていました 。でも、仕事は人生の大半を費やすもの だとすれば、「やっぱり一番好きなことを仕事にしたい」と思いゲーム業界を志望するようになりました。大学のゼミでゲームなどサブカルチャーをテーマに、ビッグデータや構造分析の研究をしていたことも一つの要因です。Cygamesへの入社を決めた理由は、自分が好きなe-sportsやアニメ事業など幅広いジャンルへの挑戦を表明していたこと。そして何より、Cygamesには特に 本当にゲーム が好きで、こだわりを持ってゲーム作りをしている人が多くいると感じたからです。やっぱりゲームは、ゲームを好きな人に作ってほしいですから。

一瞬で表現するキャラクターの個性


「Shadowverse」のカードの能力を、実際にゲームに落とし込むことがプランナーの仕事の一つ です。私の担当は、バトル中のエフェクト制作とリーダースキンと呼ばれるプレイヤー が操作するキャラクターのモーション制作。私がコンテを作成し、デザイナーの方と協力して作り上げていきます。 カードゲームなのでキャラクターの実体がなく、エフェクトだけでそのカードの個性などの 要素を表現しなくてはいけないところが、むずかしくもあり、やりがいでもあります。特にバトル中のエフェクトはたった1秒足らず で表現しなくてはならないため、ゲームのテンポを損わず、いかにユーザーの印象に残すかに知恵を絞ります。自由度が高く正解がないなか、満足のいくものができたときは気持ちよいですね。たまに演出が動画にまとめられてYouTubeにアップされていたりするので、それを発見したときも嬉しくなります。ただ、新しいカードは次々に投入されるため、現状に満足することなく、 さまざまなものからヒントを得て表現の幅を広げられるように努めています。

e-sportsコンテンツのディレクターを目指す


もともと「Shadowverse」に携わりたかっ たので、入りたかった会社でやりたかった仕事ができている今の環境は、すごく贅沢ですよね。今後もチャンスがあれば幅広いゲームジャンルにチャレンジしていきたいです。なかでも目標にしているのが、e-sportsコンテンツのディレクターになること。そのために業界の動向を追いながら、流行のゲームにどんどん触れていきたいと考えています。Cygamesのよいところは、本当にゲーム好きな人がたくさんいるということ。本当にゲームを好きな人が真剣にゲームを作るから、よいものができるのだと思います。特に私が  魅力に感じているのは、社内でネガティブな発言がないこと。それをみんなが意識していることで、よいものが生まれる風土が醸成されているように思います。