Cygames採用

Entry

Cygames採用

期待を超える
キャラクターの動きを
生み出していく。
Interview
Sho

2013年入社
大学院で機械工学を学び、技術職として新卒入社。その後、アニメーションデザイナー職へ異動した。運営タイトルでのチームリーダーを経験後、現在はサブマネージャーに就任。チームマネジメントや採用活動を含め幅広く関わっている。

Cygamesとの出会い、入社のきっかけ
01
Cygamesとの出会い、入社のきっかけ

ゲーム開発も
モノ作りの1つと考えた

今でこそデザイナー職に就いていますが、学生の頃は「モノ作りがしたい」と考えて、メーカーを中心に就職活動を始めました。就職活動をしていく中で、「ゲーム開発もモノ作りの1つ」だと考えた末、いくつかのゲーム会社を受けてみました。もともとゲームが好きで、物心ついた時からアクション、RPG、対戦ゲームなどジャンルを問わず遊んでおり、自然と就職先の選択肢として、ゲーム会社を考えることができましたね。その中でもCygamesは、急成長を続けている会社で「面白いモノ作りができそう」と感じて入社を決意しました。

Cygames 社内の挑戦できる風土
02
社内の挑戦できる風土

未経験からデザイナーへ
挑戦を歓迎する文化がある

技術職として入社しましたが、メジャータイトルのFlash担当のエンジニアとして配属の打診がありました。そこで自分のやりたいことを見つめ直し、「よりユーザーに近いアウトプットを生み出す仕事がしたい」という思いが強くなり、上司に相談して、デザイナー部門に異動することになりました。当時、まだデザイン知識もスキルも乏しい私に挑戦させてくれることが嬉しかったです。

Cygames デザイナーとしての仕事の醍醐味
03
デザイナーとしての仕事の醍醐味

期待を超える
アニメーションを追求する

アニメーションデザイナーの仕事は、イラストレーターが描いたキャラクターにモーションをつけることや、エフェクトを制作することなどです。SNSなどでキャラクターのアニメーションが話題になっていると、チームメンバー皆で喜んでいます。イラストとしてのキャラクターの魅力だけではなく、私たちが手がけたアニメーションの動きもユーザーの皆さまの期待を超えられたのかなと実感しています。

Cygames 「最高のコンテンツ」を作るために
04
「最高のコンテンツ」を作るために

コンテンツを作るために
インプットを欠かさない

Cygamesでは「最高のコンテンツを作る」ため、スタッフたちがゲームをたくさんプレイしています。デザイナーたちもインプットのためにゲームをはじめ映画やアニメを、たくさん観ているというスタッフが多いですね。時にはチームメンバーの家に集まって作品を鑑賞して、皆で「このカットは良いね」「この表現が何かに活かせないか」といった意見を交わすメンバーたちもいるほどです。たくさんのインプットがあるからこそ、新しいコンテンツが作れると思っています。

1日のスケジュール例


  • 10:00 出社

    朝会に参加。社内コミュニケーションツールや1日のスケジュールを確認します。

  • 11:00 MTG

    会社全体のミーティングや部署の責任者が集まるミーティングに参加します。

  • 12:00 アニメーション制作

    制作に割ける時間帯は日によって変わります。計画を立てて制作を進めます。

  • 13:00 ランチ

    自席にてPCで2つ、スマートフォンで1つずつゲームをプレイしながら昼食をとります。

  • 15:00 MTG、相談

    ミーティングに出席したり、メンバーや他部署からの相談を受けます。

  • 17:00 面接

    採用活動の一つとして書類選考や面接に出席します。

  • 18:00 アニメーション制作

    夕方以降は相談なども落ち着き、制作に集中できる時間が多いです。

  • 19:00 退社

Interviews 社員インタビュー

01
サーバーサイド
READ MORE
02
プランナー
READ MORE
03
デザイナー
READ MORE
04
サウンド
READ MORE
05
プランナー
READ MORE
06
クライアントサイド
READ MORE
08
クライアントサイド
READ MORE
ENTRY